開所50周年記念事業

交流の家イメージキャラクター・愛称の決定について

北海道内にお住まいの小学生~高校生を対象として、公募していました交流の家のイメージキャラクターについて道内各地

より沢山のご応募をいただき、「応募総数313通」の中から下記作品に決定しました。

愛   称
 たびうさぎ
応募者情報
 当麻町立当麻中学校 第1学年 大久保 翼 君(※学年は応募時の情報です。)
作品紹介

 「たびうさぎ」は十勝連峰に生息する「ナキウサギ」をモチーフとしたキャラクターで、各地を巡りながら多くの人との出会いや交流・体験を重ね、成長していく「旅(たび)」の意味が込められた作品です。また、十勝岳の麓に位置する当交流の家をイメージし、 美瑛富士・美瑛岳・十勝岳の形をした帽子には「SINCE1966」の文字が刻まれ、リュックサックには所章が描かれています。

キャラクター
 

 今後「たびうさぎ」は大雪青少年交流の家の広報大使として多くの場所へ旅に出かけます。

 是非、温かい応援をお願いいたします♪ (着ぐるみ化も計画しておりますので楽しみにお待ちください。

 また、大雪青少年交流の家の取組にご賛同いただき、ご応募いただきました皆様ありがとうございました。

 ※参考:募集要項・応募用紙(募集は終了しています。)