「体験の風をおこそう」運動 推進委員会

北海道体験の風をおこそう普及推進運動展開計画について

計画趣旨

 近年、社会が豊かで便利になる中で、子供たちの自然体験、社会体験、生活体験などの体験が減少しています。
北海道「体験の風をおこそう」運動推進協議会(北海道青少年教育施設協議会加盟17施設・美瑛町・美瑛町教育委員会・美瑛町観光協会・びえい白金温泉観光組合・美瑛町商工会等「以下、「協議会」)では、北海道内を中心に体験活動の重要性の普及啓発について一定の成果を上げてきてます。
 これを踏まえ、さらに、北海道教育委員会はじめ道内市町村、学校、青少年団体、企業、NPO等と連携を推進しこれまでの取組(子供たちの体験活動、読書活動、「早寝早起き朝ごはん」運動の推進)に加え、児童養護施設などに暮らす子供たちを対象とした事業を新規に展開し、体験活動の格差是正や生活習慣の定着を図り、地域ぐるみで子供たち一人一人が、たくましく成長できる「体験力」を育てる施策を展開します。

【協議会組織】北海道「体験の風をおこそう」運動推進協議会

(1) 会則(PDF)

(2) 構成員(PDF)

体験の風をおこそう運動について
体験の風をおこそう運動の概要については こちらからをご覧ください。
↑ページトップ↑

体験のちから

「体験」には子供たちの豊かな未来を切り開くチカラがあります ~かわいい子には体験を~

 国立青少年教育振興機構が行った調査などでは、子どものころの様々な体験が豊富なほど、大人になってからの「やる気」や「生きがい」、「モラル」や「人間関係能力」などの資質・能力が高い傾向にあり、体験活動は、子どもたちの「社会を生き抜く力」を育成する上で、重要な役割を果たすことが実証されています。
 北海道「体験の風をおこそう」運動推進協議会では、このようなことを踏まえ、道内で行われている様々な体験活動を紹介し、体験の重要性を広く普及啓発するためにこの動画を作成しました。

↑ページトップ

体験をさがそう

北海道内青少年教育施設の取り組み
北海道内の各施設の取り組みについては、各施設のHPをご覧ください。

その他北海道での体験活動情報
北海道内各地域で行われている体験活動については、「北海道体験活動・ボランティア活動支援センター」に掲載してあります。
↑ページトップ

一緒に体験の風をおこそう

 子供たちの健やかな成長を願い、より多くの体験活動の機会を提供するため、私たちと一緒に体験の風をおこしませんか?青少年機構ではこの活動に賛同し、体験イベントを開催いただけるみなさまを様々な形でサポートしています。
【主なサポート】
・全国で開催される体験イベントの検索サービス
・「体験の風ナビゲーション」への無料登録
・「遊びリンピック」開催時の、「のぼり旗や上位入賞者に贈呈されるメダル、賞状」の提供
・民間団体、教育機関、NPO法人等の団体を対象に助成事業等をご用意しています。

ぜひ一緒に「体験の風」をおこしましょう!

※「子ども体験遊びリンピック」は「体験の風をおこそう推進月間」に開催される事業のうち、競技性のある体験活動を実施する事業です。

「体験の風をおこそう運動協賛事業」への登録月間について

 体験の風をおこそう運動推進委員会では、毎年10月を「体験の風をおこそう推進月間」と定めておりますが、北海道「体験の風をおこそう運動」推進協議会では、 これまでも9月~11月の3ケ月を推進月間と定め本運動を推進してきたところです。平成29年度「体験の風をおこそう推進月間」(10月)事業への参加について」に おいても9月~11月に実施する事業が対象とされております。 つきましては、9月~11月に実施する関連事業のご登録を積極的にお願いします。

登録申請について
「体験の風をおこそう」推進期間について
「エントリー用紙」
「エントリー事例集」
申込先

【担当】北海道「体験の風をおこそう」運動推進協議会
(国立大雪青少年交流の家)
秋山・安藤・和泉・水野・小林
TEL:0166-94-3121
FAX:0166-94-3223

↑ページトップ