国立大雪青少年交流の家は,文部省(現文部科学省)により1966年(昭和41年)10月16日に全国で4番目の国立青年の家として開所されました。

2001年(平成13年)4月1日に独立行政法人国立青年の家国立大雪青年の家となり、2006年(平成18年)4月1日には、国立青少年教育振興機構国立大雪青少年交流の家となり、新たな第1歩をスタートしました。

設立の原点である、次代を担う青少年の健全な育成に立ち返り、職員一同皆様の活動を心を込めてサポートいたします。


交流の家の利用についての動画です。利用したことがない方や利用を考えている方はまずこちらから!
交流の家で行うことができる体験プログラムをまとめて紹介しております。